記事一覧

ウィッグ 前髪 切り 方

できるよ!かつらの前髪をトリミングするためのヒント 好きなスタイルのかつらを購入しようと考えたことがありますが、前髪が合わなかったことはありませんか?ウィッグなのでスタイルは固定です

他に選択肢がない場合、あきらめるのは簡単です。

朗報!

人毛ウィッグ、耐熱ファイバーウィッグどちらもカット可能です。

前髪の長さを微調整することもできます。もちろんウィッグ全体を短くすることもできるので大変身!部分 かつら 自然頻繁にスタイルチェンジする場合はカット技術が必要ですが、

前髪だけなら慣れたらセルフカットもOK。今回は前髪のカット方法を紹介します。

ウィッグの前髪はカットできます!前髪に合わせたセルフカット法は、顔の印象を決める重要な役割を果たします。ポニーのスタイルは、人によって自分に合っている場合とそうでない場合があります。

もちろんウィッグは形が決まっているので、誰にでも似合うわけではありません。したがって、ウィッグのフリンジをカットしてトリミングすることで、自分に最適な長さとスタイルを作成できます.

前髪の長さを短くしたり、毛先を明るくしたりできると、お気に入りのウィッグがよりフィットして幸せになれます。次にウィッグのフリンジ

あなたの仕様に合わせてカットする方法をお見せしましょう.前髪カットに必要な道具と下ごしらえ 前髪をご自身でカットされる場合は、必要な道具と下準備をご用意ください。カットを気にする必要はありません。


ウィッグをカットするときに必要な道具
1.ハサミと梳きバサミ
2.ウィッグ専用コーム
3.ヘアクリップ
4.新聞紙や受け紙
5.水を入れた霧吹き
6.ウィッグスタンド

1.ウィッグをカットするハサミは梳きバサミが便利
ウィッグのカットには、梳きバサミがあれば便利です。
毛先が揃い過ぎないように
自然になじむようにカットするのが目的です。
毛先が揃い過ぎると、毛束感が有り過ぎて野暮ったくなったり、
前髪に動きがなくなったりします。

2.ウィッグ専用コームで静電気防止
ウィッグをとかすには、
できればウィッグ専用のコームがおすすめです。
ファイバーを使用したウィッグだと
クシを通すと静電気が発生するので、
コーム部分が金属製のもので静電気を防止しましょう。

3.ヘアクリップで邪魔になる毛を留めておく
前髪部分のみをカットするとき、
サイドの毛や、カットをしたくない部分もあったりします。
その部分はクリップで留めて避けておき、
間違ってカットしてしまうことを防ぎましょう。

4.新聞紙や受け紙を用意して
カットした毛が散らばらないようにする
切った毛が床一面に散らばってしまうのは悪夢です。
カーペットの上だと掃除するのも一苦労!
そうならないように、カットをする時は、
毛が落ちても大丈夫なように、
下に新聞紙などを広げて敷いておくといいでしょう。

5.水を入れた霧吹きがあると便利
カットをする時は、
たいていウィッグの毛が乾いた状態でのドライカットをします。
ウィッグにボリュームがあり過ぎて
カットしづらいときは、
ウィッグに少し水分を含ませると収まりが良くなります。
水を霧吹きに入れて用意しておくと便利です。

6.ウィッグスタンドを使用すると後ろの毛もカットできる
あれば便利なのがウィッグスタンドです。
前髪ではなく、後ろやサイドの毛の長さを少し調整したいときに、
ウィッグスタンドにウィッグを掛けてカットします。
後ろの毛を自分でカットすることはなかなかできるものではありません。

ウィッグをカットする前に、新聞の切り抜きを使って自分のイメージに合わせて準備してください!目的の画像がぼやけないように、雑誌の切り抜きを準備することをお勧めします。カットを進めていくと、長さが

当初の計画よりも多くカットしてしまうことがあります。これを避けるために、写真や切り抜きなどを用意して、どのようなスタイルを着たいかを確認してください.かつらの前髪を自分でカットする方法

すべてのツールと準備が整ったら、ウィッグのカットを開始します。セルフタッピング法ですので、熟練を要する難しいカット法ではなく、ちょっとしたコツと勇気を持ってカットする方法をご紹介します。

ウィッグの前髪を真ん中から両脇に向かって順にカットします。ウィッグバングは真ん中のハサミから。中間の長さを決定し、この長さから逸脱しないように両側の前髪をトリミングします.中央から側面に向かってカットする場所

徐々に変えていこうと思います。右側を中央付近でカットした後、左側を中央付近でカットし、次に右側をややサイド寄りでカットし、次に左側を反対側でカットします。

左右対称の長さになるように交互にカットします。カットする際は毛束を細かく分けてカットしてください。一度にすべてをトリミングするのではなく、状況に注意してください

大きなミスを避けることができます。前髪のボリュームを調整するには、ハサミを縦に深く入れます。前髪の長さをカットしたら、毛量を調整するのがおすすめです。この場合、はさみを取り付ける部分は

髪の毛を少量とり、人差し指と中指で挟み、カットする部分が動かないように固定して動かします。ハサミを縦に差し込み、毛先から2~4cm程度の深さでカットします。はさみの深さでボリュームが変わります。

前髪のボリュームを抑えたい場合は、ハサミを3~4cmの深さまで入れます。ハサミを左右に少しずつ動かしてカットします。髪をたくさんカットすると、カットしてまっすぐにします。

前髪を別々にトリミングすることもお勧めします。 B. 上部と下部をブロックし、下部をカットしてから上部をカットします。一度に切る回数が減れば、ミスが減ります。毛先を整えるには櫛ばさみが便利です

フリンジを好きな長さにカットして紐で結ぶだけで、毛先がまとまります。スタイリングはさみを使用して、髪の端に自然な乱れやシャギーな外観を作成することをお勧めします.

通常のはさみを縦に使用して、1 つずつ切ることもできます。このカット方法が気に入らない場合は、カットしすぎないようにトリミングできる一定量の髪を備えたスタイリングはさみを使用できます。

美容鋏の仕様により、開閉ごとにカットする髪の毛の割合が決まります。もちろん、一度に梳く量を減らせば、傷は少なくなります。初心者の場合、とかす割合は

もっと低いものを使ったほうがいいです。カットする部分が少しずつ動くように、クシバサミを使います。はさみを何度も同じ場所に置くと、すべて一緒になってしまいます。まとめ

ウィッグの前髪は自分で切りたいと思っても失敗したくないのでなかなか思い切って切り出せません。しかし、セルフトリミングのヒントを抑えておけば、自分に最も適した長さとシャギーな感じにトリミングできます.

慣れてきたら、パリッとした前髪やトレンドの透け前髪に挑戦してみてはいかがでしょうか。聞く。

あまりにも不器用なら、無理せず理容師にお任せください!前髪のあるウィッグをかぶって、似合う前髪をシミュレーションしてからカットするのもおすすめです。


【SNS関連記事】
⬇︎⬇︎⬇︎
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCHRi2q8FpDIlNYMx5JdFU0g

Tik Tok:https://www.tiktok.com/@bobuwig_777

Pinterest:https://www.pinterest.jp/fashion_bobuwig/

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー